-->
 占いをしたときに、それを信じるか信じないかは自分自身が決めることです。ですが、せっかく占いをしたならば、私はそれを積極的に信じたいと思っています。  それは、たとえ悪い占い結果が出たとしても、占いには必ずそれを解決させるための方法というのが大概の場合あるからです。確かに、占い悪い結果が出てしまえばとてもげんなりしてしいまいますが、そこで落ち込んでいても何も始まりません。  ですから、占いの結果をしっかりと受け止め、その日1日、あるいはしばらくの期間どう過ごしたら良いのか?ということを真剣に考えることが大切です。  また、反対に良い結果であったとしても、それで浮かれて何も努力しないのはご法度です。それは、日々努力してこそ占いの結果が反映されやすいと思っているからです。  占いというのは、本来そうして一喜一憂しながら楽しむものだと私は思います。ですので、占いをしたならば、私もそのことを心がけ、自分の人生に活かしていきたいと私は思っています。

Link

Copyright © 1997 www.al-miizaan.com All Rights Reserved.